学資保険選びのポイント

学資保険の構成

学資保険は、

  1. 積立機能
  2. 子どもの死亡保障
  3. 子どもの入院保障
  4. 親死亡の場合の保険料支払い免除
  5. 親死亡の場合保障(育英年金)

の5つから成り立っています。

 

学資保険選びのポイント

保障重視か貯蓄重視か

支払う保険料の内訳として、貯蓄(積立)にまわる保険料と、保障にまわる保険料に分かれます。
上の2から5といった保障にまわる保険料は、いわゆる掛け捨てです。
従って、保障を充実させればさせるほど、貯蓄にまわる保険料の割合は低くなるので、戻り率(支払ったお金の総額に対して、戻ってくるお金の割合)が悪くなります。

学資保険の選び方

上の2.子どもの死亡保障は、必要でしょうか?
幼い子どもに万が一のことがあって、経済的に困る親はまずいないはずですね。
3.子どもの入院保障については、学資保険で用意しなくても、医療保険の親子型等でまかなうこともできます。
また、4.親死亡の場合の保険料支払い免除や、5.親死亡の場合の保障(育英年金)は、親がその分の保険に入っていれば不要です。

 

すなわち、このような不要な保障がついていなくて、払う保険料が無駄なく積み立てられるもの=戻り率が高いものを選ぶのが、賢い選び方と言えます。

学資保険よりも有利に学資を積み立てる方法

学資保険を上回る戻り率で、がぜん注目されているのが、「低解約返戻金型」の保険で学資を積み立てるプランです。

 

戻り率が良いだけにとどまらず、お財布からの持ち出しなし、或いはあったとしても少額の持ち出しで学資が積み立てられることで、一躍人気のプランになっています。

 

詳しくはこちら